スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

目覚めないと、いけないんだよ

こんばんは、お久しぶりです、岡本でございます!
今日が金曜日ですから、公演からもう2週間ですか。
新歓公演が動き出していると言うのに、卒業生がちょいちょいとすみません…
でもやっとみんなの新生活が落ち着いてきたということで、ご容赦くださいまし。

さてさて、私がみんなに「最後にブログでちゃんと挨拶して終わりましょう」とは言ったものの、いざ書くとなると難しいですね…
難波江さんじゃないですが、じゃあ、少し独り言します。
とりとめないですが、少々お付き合いください。




この度、漠ではめずらしく3本立てなんて公演形態になった理由はまあいろいろあるのですがそこは置いといて、とにかくこの形態であるが故に普段の公演以上に同期たちだけで顔を突き合わせていっぱいいっぱいお話ししました。
今まで10年度生は「孤立」か「激突」しか知らないヤマアラシだったと私は(勝手に)思っているのですが、久々に私達がメインとなって公演を動かしてみて、あ、なんだかいい距離感に落ち着いたんだな、というか、ああ、4年間かかってようやく一緒に歩けるようになったんだなとか、そんな成長に(勝手に)感動していました。
まあなにかって、10年度生でのたくさんの話し合いや準備、稽古の中、改めて良いところだったり好きなところだったり、「こういう考え方してるのか」っていうところだったりが見つかったりして、なんだろ、それがとっても頼もしくて嬉しかった。
なんでそこやねん、って感じですが、小屋入りして、10年度生だけで思考錯誤して客席移動を再度組み直した夜、あの夜の頼もしさ、わくわく感が私には今でも思い出されるのです。
うん、なんでもない言葉だけど、4年間一緒にやれて楽しかったよ。面と向かっては(下手したらその場で泣くから)言えなかったけど、本当にありがとう。



…本当になんでもない独り言ですが、ここからは少し範囲を広げてお客様への独り言。

ご来場くださった方、また来る事はできずともお声をかけてくださった方、本当にありがとうございました!!
卒業公演に際してわざわざ応援の葉書やメールも頂戴しまして、10年度生一同嬉しく思っております。

卒業公演、いかがだったでしょうか。
なーんて聞くのも野暮ですし、アンケートでもたくさんお言葉は頂戴したのですけれど。


独り言なので結局私の話になりますが、わたくし人生で初めて作・演出をさせていただきました。
実は最初は脚本だけのつもりでした。でも書いているうちに、「これを誰かに託すことはできないような気がするなあ」と思って、演出もさせていただくことになりました。
…でも結局、演出っぽいことは何にもしてません。頑張ってくれたのは役者のみなさんです。ほんとに。
たくさんお褒めの言葉も温かい言葉もいただきましたが、それは私ではなく役者のみなさんにかけられるべき言葉だと思っております。

でもその言葉を聞くと同時に、今まで感じた事のない気持ちを感じました。(いたことないけど)自分の子供が褒められているような。
そう、本番が始まってから気づいたのですが、「託すことはできない」と思っていた物語もキャラクターも、いつの間にか私の手を離れ、それぞれの役者に託されていました。私の伝えたかった想いや言葉を、彼ら彼女らが一緒に生き、見える形として具現化してくれました。
みんな思い入れのあるキャラクターだからこそ、それはとっても不思議な感覚で…とっても、幸せでした。





あの世界は私の好きなものと大切なものを詰め込んだ、宝箱みたいなものでした。それを私の大好きな、大切な人達が完成させてくれた。
未熟さも思い知ったしあとがきなんて反則的なこともしたし後輩達には迷惑かけたし、反省点を挙げればきりがないですがそういうことは今更どうこうできることではございません。
あの場所に在ったあの時間とあの世界とあの物語こそ全てです。
このメンバーでお芝居したことも、同期が彼らだったことも、あなたにご来場いただいたことも、全てはなるべくしてなったこと、必然なのです!
そしてこの卒業公演こそ、私達2010年度生の結果でございました。



自分で書いておいて何ですが、というかだからこそ書いたのですが、私は「選択」=「変化」が嫌いです。
だからいつも、中学校から高校に変わったりとか高校から大学に変わったりとか、そういうコミュニティの変化が大っ嫌いです。何かを捨てることも、離れることも苦手です。何かを選ぶことも苦手です。
だって怖いんですもの。新しいものは、何があるか分からないから。
半分物語の、過去の世界に生きる理名は、私でもあります。

でもいつも、半ば迫られるような形で背中を押されて新しい世界に出て、どうにかこうにか居場所≒一緒にいられるヒトたちを見つけていくのです。
それは難波江さんみたいにポジティブな気持ちのスタートではないけれど、でも結局自分の望む「選択」によって状況を変化させてきたような気がします。



だから、
今までありがとう劇団漠、と、一緒に芝居を創ってきた先輩方、後輩達。
この4年間は全部劇団漠と言っても過言じゃない。割とマジで。
おめでとう袋のビラの中から劇団漠を発見して、入部して、本当に良かった。
(もし見てる新入生がいたら、とりあえず新歓公演観に行くことをお勧めしますよ!)

そして、
4年間でご来場いただいた全ての方、関わってくださった全ての方、
ご来場いただきまして、私達のやりたかったことを見届けていただきまして、

本当に、本当に、ありがとうございました。


これからも劇団漠を宜しくお願い致します。
また、どこかで。







岡本 雪菜
スポンサーサイト

私がエア電話する理由

こんにちは、ナバエです!
もう4月になってしまいましたが卒業公演、無事に終了しました!
ご来場いただいた方、ありがとうございました!気にかけて頂いた方も、ありがとうございました!
またどこかでお会いする機会がありますように…。


さてはて、最後に何がしたい?という問答が芝居中でもありましたね。私もちょっと、おしゃべりをしようかなと思います。まぁ、私の場合はブログなんで、独り言になっちゃいますけど…。

チームB「* h a n a m i c h i *」、いかがでしたでしょうか?ここ最近の漠の芝居とは大きく性質が異なります故、こぅ、、、さまざまぁなお気持ちであの空間を見つめられたことかと思います。
観れなかった方は、ね、残念ながらこれは映像に残っておりません、いや嘘です一応ビデオは回しました残ってますけど、けどだってね、撮れませんもの。
芝居は生もの、映像なんてっていうのはたびたび言われますけれども、まぁ、すべての芝居においてそれはいえることだと思いますけど、
ハナミチは本当に、まぁまず、視野的な問題でビデオカメラに収めるのが難しいのは置いといて、、、あの、空気感を感じる芝居だと思うので、、、観れられなかった人、残念だったなへっへっへ(ごめんなさい冗談です気を悪くしないでください 本当は小心者なんです)そうなんですよ!
どこまでが冗談で、どこからがNGラインか、難しいですね。その境界線は突如ふっと現れる。それまで当たり前だったものが、崩れる瞬間。それをドラマチックに描くことがお芝居では常とう手段だけれども…。

こんな奇妙な企画にお付き合い頂いた役者陣には、心から感謝しています。
私は作者という肩書を背負っておりますが、ほとんどの部分に関しては、台詞を書いてはなくてですね。
私には、私の話しか書けないから。私は私の思うことしか書けないから、そうではなくて、皆がそれぞれに思うことを作品にのせてほしい、そんなことをカッコつけて言ってみたりしました、はい。
今回ご協力いただいた役者陣は、まず私が私自身の話をするにあたって抵抗がない人、まぁ気心知れた仲間とかいうヤツですね、いわゆる。それから、、、私と違うな、と思う人。憧れと軽蔑、程遠い言葉だけれど、実は限りなく近いものだと思っている。どちらにしたって、自分とその対象との間に、絶対に埋まらない何かを感じるからこそ使う言葉という気がしている。そういう人との出会いって、自分と近い人と出会うよりもよっぽど、貴重であり、大切なんじゃないかって思ったりもする。まぁ、どんな人と出会ってもね、必ずどこかで似た部分を見つけて、そして、違う部分をみつけて行くんだけれどもね…。
出会えたこと、そしてこの作品が出来たこと。感謝の気持ちで一杯です。なんでしょうね、誰に対する感謝かって、挙げ始めたらきりがない。
この作品は、私が生きてきた結果だと思っている。そして、この作品をどう受け取ったか、それはその人の、生きてきた結果なんじゃないかなんて、恐縮ながらも思う。

もしもの話、でも実現したいもしもの話をするのであれば、私はいつかもう一度、この「* h a n a m i c h i *」という作品をもう一度つくってみたい。同じメンバーでもう一度、今とは違う人生を積み重ねた上で、とも思うし。全く別の人で(男の人もいれたいな)やってみたい気持ちもある。
お楽しみにどうぞ、なーんてね…

本当に、ありがとうございました。




さてはて、卒業公演、でしたね。もう漠の部員ではないんですね。月並みな言葉ですが、本当にあっという間の4年間でした。という訳でここからは漠部員としての話。まだまだ長いよ♪

自分のなかから何が、あふれだすことってある、、、のかなぁ、私はあった。
まずは高校の部活のお別れ会。まぁ演劇部だったんですけど(笑)
お別れの歌を歌いました。劇中に使った曲。ルクプルの「ひだまりの詩」という曲です。
「こんな私のこと、心から、あなた 愛してくれた」って歌詞があるんですね、かなり後半。それまでなんか、後輩たちの顔をみられていなくて。でもそこで、えいって顔をあげた。その瞬間に、もう、どわっとすべてがあふれ出てきてしまった。まぁ、なんと月並みなエピソードでしょう。

でねでね、人生二度目のそれは、なんと、2年の本校演「SHIROH」のときだった。お客様にする話ではないような気もしますが、あのときは準備が恐ろしく悲惨な状況でして、心も身体もかなり追い詰められておりました。そんななか、私が演じたのは島原の隠れキリシタン、囚われの身になり叫んだ言葉「牢を出たって変わりはしない、どこにも自由なんてない!」・・・あのですね、心の底から湧き出た絶望 (苦笑)。これきっと、死ぬまで忘れないと思います。
まぁ、他にも、FANTASISTAでモーリスを見つめていた時、泣きじゃくるカインを導くとき、舞い降りる羽を見つめた時、ナツ語でウラシマが見せた嬉しそうな顔、って挙げてくとシリアスな芝居のが思い出多いみたいですが、七芒星やクライマーズのなんでしょう、ワルい人やってるときの高揚感とか、Sweet7ややっぱりクライマーズやシンデレラや狼少年でのぶっ飛んだ感、SATSUKIの必死さ、あーあ、思い出を数えてしまったよ、くそう情けないなぁ。

でねでね、卒公どうだったって、、、やらかしてしまいました。大楽という魔物。
*hanamichi*でね、最終回はやってしまいました。まさかあそこであんなになるなんて、ポケットにティッシュが入っていて本当によかった!どうなったか知ってるのはよしことお客様だけなんですけどね、いやまぁ包み隠さず言えばめちゃくちゃ見苦しい泣き顔を晒してしまったんですけどね!
なんでしょう、私は基本、自分の話を聞いて人に笑ってもらえるのが楽しいです、これは事実です、でも、、、、でも、そんな私だって、いやそんなんだからこそ、悲しくなるときだってあるじゃない(> <)いやはやまぁこの通り、文面の上ではふざけることしかしなけども、あのときあの舞台の上であふれでてしまったものが、私の真実なのかな、なんてね…。どうでもいいけど私、10年後には絶対結婚して幸せな家庭を築いているという確信がある、いえい←

そしてね、もうひとつはね、アリスですよ。今回頂いたニケという役。本当に、彼女と出会えてよかった。卒公終わって何がさびしかったって、それまで私と共にいた二ケさんという女性がいなくなってしまったことだった。彼女と生きた時間は本当に幸せでした。もともとはやっぱり、こういう、芝居しばいした素直でまっすぐでエネルギッシュなお芝居が好きなんだな、って。ハナミチと同時進行だったからこそ余計にそう思いました。アリスの世界に在ることは、本当に本当に楽しかった。
でも、岡本がいったように、河は漠みたい。漠は河と同じで、いつかはいなくならなければならない、執行猶予でしかないので、ね、、、なんでだろう…。
ニケはきっと、あの世界を最後まで見届けると思う。でも彼女は決して、アリスにはなれないのだ、もう二度と。
最後のシーンでね、私が観た景色を、私は絶対にわすれない。わらわ達は、お前達の幸せを心から願っておる。


4年間を過ごした漠。いんへるのであり、はらいそでした。もっともっとここにいたかったけど、違うのです。そこはもう、後輩たちのものです。外から見つめることしかできません。どこか別の居場所、私が本当に私らしくいられる場所を探しに、つくりに、行きます、生きます。
どうぞこれからも劇団漠を宜しくお願い致します。感謝の言葉を一つしか知らないのが悔やまれますが、この一言に思いを込めて。本当に、

ありがとうございました。




難波江 和美

Good-bye LOST HEAVEN!!

3月23日(日)午後9時半頃、劇団漠2010年度生卒業公演・大楽閉演――――
三日間のステージにご来場下さいました全てのお客様と、
公演を支えて下さった皆様に、心より感謝申し上げます!!!


その楽日を終えまして一週間、皆様いかがお過ごしでしょうか。
おはようございます。野崎です。

私はと言いますと、公演後の部室掃除を同期後輩に押し付けて自宅をバラし、
就職先であり地元でもある石川県は金沢市に戻ってまいりました。
今では卒業気分ともオサラバして、明日職場に提出する書類を確認しております。ひえぇぇ・・・


さて、制作命令で「最後にブログ更新してから終わりなさい!」と言われていますので、

・・・何を書こうかな・・・

それじゃ、Kチーム「架空の講義」で使用した音源の出元でも晒しますか!
見に来て下さったおきゃくさまは、いくつ分かったでしょうか・・・?


難易度☆☆★

各所に使われたグレンラガン!開演曲の「UNDERGROUND」をはじめ、
ラストを飾る「Libra Me From Hell」、カネダのテーマなどメインのMEは
製作当初からグレンラガンを使って行きたいなと思っておりました。
アンケートにもたくさん「グレンラガンつかってましたね」とコメントをいただきました。笑
だって『地下』なんですもの・・・!といっても「大学地下道潜入」は地下を目指したのですが笑


難易度☆★★

ピンポイントなところからの採用でしたが・・・
・dod2より『運命』→カイム戦での音源ですね。
あれも明命の直轄区の「地下」での戦いだったということで・・・笑
音響人間の某帽子屋からお誉めの言葉を頂いたM!比較的自信を持って使ってました。
・dodシリーズより『尽きる』→知る人ぞ知る名曲。新宿ENDを思い出しました。
・ラチェット&クランクよりロケットバズーカの発射音→「銃声」です・・・


難易度★★★

これが分かった人はホントにすごい!
・「船の駆動音」→「仮面ライダーアギト」より、アギトの変身待機音でした!
テツオ役のわしおくんはおしくもニアピン。「クウガ?・・・クウガではないな」
・「着信音」→「仮面ライダー555」より、913(カイザ)フォンの着信音でした!
例によりわしおくんはニアピン。「555フォン?・・・いやちょっと違うな・・・」
お前すげえわ。
・化け物の鳴き声→初代ポケットモンスターのミュウツ―の鳴き声を加工しました!
なんと、演鑑さんの某S氏はこれを当ててきました・・・!恐るべし。

番外編
「hune」→某T○KI○の名盤のイントロを使わせていただきました。
「これがやりたかっただけ」タグがつけられるレベルのお遊び!
「ラストを考えるなら変えた方がいいですよ!」
との声も受けながら結局これで行きました。笑
「ガリレオ」→役者であるマモル役のよねだくんが持ち込んできたMのプランでした。
きっかけ終わりのタイミングまでも提案してくるほどの熱意!
Mだとこれが一番ウケた・・・?

とまあこんな感じです
いくつバレちゃったのでしょうか・・・?笑


◇◆◇◆◇◆◇◆


そんなこんなで大楽から1週間!
僕は劇団漠に入って、そして「架空の講義」を打てたこと、あのメンバーで舞台に立てたことを
灰になって土に還るまできっときっと忘れないでしょう!

本当に、本当にありがとうございました。


チームK演出・オシイ教授役

野崎 哲平



     

みなさまおはようございます!
劇団漠2010年度生卒業公演初日にお越し下さった皆様、本当にありがとうございました!

卒業公演もいよいよ中日!本日の公演日程は以下の通りです。
↓↓↓

◆3月22日(土)
13:00~ チームB
14:00~ チームA
◇◆◇◆◇◆◇◆
18:00~ チームK
19:00~ チームA


開演時刻の15分前から開場しております!
今日はチームAが二本!初日に見逃してしまったというお客様、大歓迎です!

公演順は、B→AK→Aで、
バカサバイバー(ウルフルズ)の順番とお覚え下さい!!(笑)

皆様のご来場、心よりお待ちしております!

本日初日!

みなさまおはようございます!
東京学芸大学では昨日卒業式が終えられ!
ついに本日から3日間、劇団漠2010年度生卒業公演はじまりますよ!
本日3月21日のタイムスケジュールはこちら↓↓↓

3月21日(金)
14:00~ チームA
◇◆◇◆◇◆◇◆
18:00~ チームK
19:00~ チームB


チームK・Bは二本連続の公演となっております!
一本ずつでも、二本続けてでもご覧になることできます!
いずれも開演時刻の15分前から開場しております。

皆様のご来場!心よりお待ちしております!!!
プロフィール

劇団漠2010年度生

Author:劇団漠2010年度生
こんにちは、東京学芸大学演劇研究部劇団漠、2010年度生卒業公演です!
【本番:2014年3月21日(金・祝)~3月23日(日)/場所:東京学芸大学課外活動共用施設棟1FアトリエT】
→卒業公演、無事終了!ご来場くださった皆様、本当に本当にありがとうございました!またどこかで!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Twitter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。